悪い噛み合わせが身体に与える影響

痛みなどの症状があれば別ですが、噛み合わせの悪さは自分ではなかなか気付きにくいもの。しかし、悪い噛み合わせの状態は必ず何らかの形で身体に悪影響を及ぼしているものです。

こんな症状はありませんか?

  • 顎を動かすと音がする
  • 慢性的な首コリ ・肩コリがある
  • 頭痛 ・めまい ・耳鳴りなどがたまに起こる
  • 背中や腰 、膝の痛みがある
  • 不眠症・神経症・胃腸障害・生理不順・血圧異常などがある

上記は一見、噛み合わせとは無縁な感じがしますが、実は噛み合わせが悪いと起こる症状なのです。何らかの原因で噛み合わせが悪くなると、口内全体のバランスが悪くなり、顎や歯、またそれを支える筋肉や骨に負担がかかります。悪くすると、顎関節症という顎の病気を引き起こすこともあるのです。

顎関節症をご存知ですか?

顎関節症とは、「顎がカクカク音が鳴る」「口を大きく開けると痛い」といった症状が起こる病気です。下顎の関節頭が頭蓋骨の関節円盤に均等にあたらず、関節全体に負担がかかってしまうことで起こります。

代表的な症状
  • 口を開けるとカクカク音が鳴る
  • 口を大きく開けられない
  • 口を大きく開けたりグッと噛み締めたりすると痛む
  • 朝起きると口が開かない
  • 顎が外れそうになる
  • 口の開閉がスムーズにできない

スペシャリストによる噛み合わせ・顎関節症治療

当院は、噛み合わせ・顎関節症治療を専門に行っている医院です。院長は顎咬合学会の認定医であり、数多くの噛み合わせ・顎関節症の治療経験を持ちます。まずは、検査を入念に行って噛み合わせ不良の原因を調べ、顎関節症かどうか診断。診断後に治療方針を決定します。

※夕刊フジで紹介された記事です。クリックすると拡大します。

ナイトガードによる治療

ナイトガードによる治療

患者様の状態により治療方法は異なりますが、一般的にはナイトガードによる治療を行います。患者様の口や歯の形状に合わせて専用マウスピース「ナイトガード」を作り、就寝時にマウスピースを装着。それにより歯や顎にかかる負担を軽減させます。

治療計画を立案 顎の位置を決定 ナイトガード作製 ナイトガード装着
治療方針に従って、患者様に最適な治療計画を立案します。 顎運動や咬合の位置を再現する咬合器で顎の正しい位置を決定します。 患者様の口や歯の形状に合わせて専用マウスピースを作製します。 歯や顎への負担を軽減し、適切な顎関節の位置に噛み合わせを誘導していきます。

顎の違和感や顎関節症でお悩みの方は、一度当院までお気軽にご相談ください。03-3661-4705

  • ページの上部に戻る