気になる銀歯を白い歯に変えましょう

虫歯などで歯を削った際によく使われる金属の詰め物・被せ物。一般的に“銀歯”と呼ばれているものです。金属の詰め物・被せ物を使うと安価で耐久性の高い治療ができますが、見た目に問題があるなどさまざまなデメリットがあります。

意外と知らない銀歯のリスク・デメリット

1.金属アレルギーのリスク お口の中の金属は長期間経つと次第に溶け出し、金属イオンとして口腔内に出てきます。それが体内に取り込まれると、皮膚のかゆみ、発赤などのアレルギー症状を引き起こすことがあります。
2.歯茎の変色 銀歯や金属製の(被せ物の)土台は、長期間経つと金属がイオン化して溶け出し、歯茎が紫色に変色することがあります。
3.金属の露出 被せ物をする際に、金属製の土台を使用すると、年月の経過により歯茎が後退して、金属が露出してしまう場合があります。

見た目の悪さや金属アレルギーのリスクなどから、近年銀歯を白くてキレイなセラミック製の人工歯に変える方が増えています。

セラミックにするとこんなにキレイ!安全!

銀歯とセラミック製の人工歯を比較してみました。セラミックにすると、見た目や金属アレルギーのリスクなどさまざまな点が改善されます。

 

銀歯

銀歯

セラミック製の人工歯

セラミック製の人工歯
素材 金属 セラミック
見た目 金属色が目立つ 見た目が自然・周囲の歯に溶けこんで目立たない
強度 強度が高すぎて周囲の歯を傷付けてしまう場合がある。摩耗する 周囲の歯を傷付けることはほとんどなく、摩耗・経年劣化はあまりない
変色の有無 長期使用により起こる場合がある ない
金属アレルギーの有無 長期使用により起こる場合がある ない

取り扱い素材紹介

  • 前歯部の被せ物(クラウン)
  • 臼歯部の被せ物(クラウン)
  • 臼歯部の詰め物(インレー)

【前歯部の被せ物(クラウン)】

オールセラミック
オールセラミック メリット
  • すべてセラミックで出来た白い歯
  • 色がきれいで、光を透過し天然の歯と同じ輝きが得られる
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 歯と歯肉の境目に黒い筋が出ない
  • 着色しにくい素材
デメリット
  • まれに歯ぎしりや咬み合わせが強い場合に欠けることがある
オススメ度 審美性☆☆☆☆☆
耐久性☆☆☆☆☆
価 格☆
価格 136,500円(税込)
メタルボンド
メタルボンド メリット
  • セラミックを金属に焼き付けた白い歯
  • 白い輝きを持つきれいな歯で、歯の裏側も白いセラミック
  • 着色しにくい素材
  • 精度も高く、患者様の満足度が高いクラウン。ブリッジも可能
  • 適合性も高く、当院で最もお勧めしている素材
デメリット
  • 金属を使用しますので、まれに金属アレルギーを起こすことがある
  • オールセラミックに比べ若干白さが強い
※当院では金属アレルギーになりにくい金属を使用しています。
オススメ度 審美性☆☆☆☆
耐久性☆☆☆☆☆
価 格☆☆
価格 105,000円(税込)
ハイブリッド
ハイブリッド メリット
  • セラミックとレジンを混合して出来た白くきれいな歯
  • 対合の歯にも優しい素材で、奥歯に十分耐える強さを持っている
  • 比較的安価なので、保険治療にご満足出来ない方にお勧め
デメリット
  • 表面のコーティングが割れると色がつくことがある
  • 保険の歯より着色はしにくいが、メタルボンドに比べると変色しやすい
※当院では主に臼歯にお勧めしています。
オススメ度 審美性☆☆☆
耐久性☆☆☆
価 格☆☆☆
価格 52,500円(税込)
硬質レジン前装冠
硬質レジン前装冠 メリット
  • 硬質の白いプラスチックを金属に貼り付けたもの
  • 保険で適用できる白い歯
  • 安価
デメリット
  • 前装部はプラスチックのため長年使用していると変色したり膨張する(2年程度)
  • 金属アレルギーの危険がある
  • 大きく口を開けると黒く裏側の金属が見えることがある
オススメ度 審美性☆☆
耐久性☆
価 格☆☆☆☆☆
価格 健康保険適用 約10,000円程度

【臼歯部の被せ物(クラウン)】

メタルボンド
メタルボンド メリット
  • セラミックを金属に焼き付けた白い歯
  • 白い輝きを持つきれいな歯です。歯の裏側も白いセラミック
  • 着色しにくい素材
  • 精度も高く、患者様の満足度が高いクラウン。ブリッジも可能
デメリット
  • 金属を使用しますので、まれに金属アレルギーを起こすことがある
※当院では金属アレルギーになりにくい金属を使用しています。
オススメ度 審美性☆☆☆☆☆
耐久性☆☆☆☆☆
価 格☆☆
価格 105,000円(税込)
ゴールドクラウン
ゴールドクラウン メリット
  • 純度の高い金合金で出来たクラウンで、柔らかく歯に密着する
  • 耐久性も高く、最も治療効果の高い詰め物
デメリット
  • 金色が目立つ
  • 主に大臼歯(上顎)にお勧め
オススメ度 審美性☆☆
耐久性☆☆☆☆☆
価 格☆☆☆
価格 73,500円(税込)
ハイブリッド
ハイブリッド メリット
  • セラミックとレジンを混合して出来た白くきれいな歯
  • 反対側の歯にも優しい素材です。奥歯に十分耐える強さを持っている
  • 比較的安価なので、保険治療にご満足出来ない方にお勧め
デメリット
  • 表面のコーティングが割れると色がつくことがある
  • メタルボンドに比べると変色しやすい
※当院では主に小臼歯にお勧めしています。
オススメ度 審美性☆☆☆
耐久性☆☆☆
価 格☆☆☆
価格 52,500円(税込)
保険クラウン
保険クラウン メリット
  • 保険で適用する銀色の冠
  • 安価
デメリット
  • 硬すぎるので、対合歯に影響が出ることがある
  • 金属アレルギーの危険がある
  • 大きく口を開けると黒く金属が見える
    (酸化により変色)
オススメ度 審美性☆
耐久性☆☆
価 格☆☆☆☆☆
価格 健康保険適用  3割負担で約3,000円程度

【臼歯部の詰め物(インレー)】

e.MAX
e.MAX メリット
  • 高強度ガラスセラミックで出来た白い詰め物
  • 色がきれいで、光を透過し天然の歯と同じ輝きが得られる
  • 金属アレルギーの心配がない
  • ハイブリットインレーより強度、色の退色しにくい
デメリット
  • 色調の調整がやや難しい
オススメ度 審美性☆☆☆☆☆
耐久性☆☆☆☆☆
価 格☆☆
価格 73,500円(税込)
ゴールドインレー
ゴールドインレー メリット
  • 純度の高い金合金で出来たインレーで柔らかく、歯に密着する
  • 耐久性も高く、最も治療効果の高い詰め物
デメリット
  • 金色が目立つ
オススメ度 審美性☆☆
耐久性☆☆☆☆☆
価 格☆☆☆
価格 52,500円(税込)
ハイブリッド
ハイブリッド メリット
  • セラミックとレジンを混合して出来た白い詰め物
  • 対合の歯にも優しい素材
デメリット
  • e.MAXに比べ強度弱い(破折のリスク)
  • 着色することがある
※当院では主に臼歯にお勧めしています。
オススメ度 審美性☆☆☆
耐久性☆☆☆
価 格☆☆☆
価格 42,500円(税込)
保険インレー
保険インレー メリット
  • 保険で適用する銀色の詰め物
  • 安価
デメリット
  • 硬すぎるので、対合歯に影響が出ることがある
  • 金属アレルギーの危険がある
  • 大きく口を開けると黒く金属が見える(酸化により変色)
オススメ度 審美性☆
耐久性☆☆
価 格☆☆☆☆☆
価格 健康保険適用  3割負担で約2,000円程度
  • ページの上部に戻る

歯の黄ばみを解消するホワイトニング

加齢やワイン、カレーなど飲食物などにより、だんだん歯は黄ばんできてしまうもの。そのような歯の黄ばみを解消し、白く美しい歯にすることができるのがホワイトニングです。

歯が白くなるとこんなに印象が変わります

ホワイトニング前

ホワイトニング前

ホワイトニング後

ホワイトニング後
歯が黄ばんでいると・・・ 歯が白いと・・・
  • 年をとって見える
  • 清潔感に乏しい
  • 顔や目などがくすんでみえる
  • 若々しい印象に
  • 清潔感がある
  • 肌が白く見える

当院のホワイトニング

当院は、ご自宅で自分のペースでできる「ホームホワイトニング」をご提供しています。ホワイトニング剤を付けた専用のマウスピースを歯に装着して歯を漂白。毎日一定の時間行うことで、後戻りの少ない白い歯を手に入れることができます。

ホワイトニングの価格
上下のマウスピース作製と2週間分のホワイトニング剤込み 52,500円(税込)
片顎のマウスピース作製と2週間分のホワイトニング剤込み 31,500円(税込)
ホームホワイトニングの手順

・医院にて

患者様のお口の型をとって専用のマウスピースを作製します。

ホームホワイトニングの方法や注意事項を医師が説明します。

ホワイトニング後

・ご自宅にて

歯磨きをして、歯の汚れをキレイに取り除きます。

マウスピースにホワイトニング剤を付けます。

歯に装着して一定時間置きます。

ホワイトニングのメリットデメリット・注意点

メリット デメリット
  • 低濃度の薬剤を使用するため、安全性が高い
  • 効果が長期間持続する
  • 自分の好きな時間、好きな場所で、マイペースに取り組める
  • 奥歯までしっかりとホワイトニングできる
  • 理想の白さになるまで時間がかかる
  • 色のバランスを整えるのが難しい
  • ホワイトニング前のクリーニングは、自分で行わなければならない
  • 自分で施術する手間がかかる

【注意点】

  • 口腔内の状態によって、ホワイトニングができない場合があります。
  • 効果には個人差があります。
  • 詰め物や被せ物、差し歯は白くできません。
  • 抗生物質などによる歯の変色の場合は、白くなりづらいです。
  • 妊娠中の方や18歳未満の方は、ホワイトニングはできません。
  • 虫歯や歯周病にかかっている場合、そちらの治療を優先します。
  • 歯科医師の指示に従い、薬剤を適切に管理・使用してください。
  • ホワイトニング実施中は、ワインやカレーなどの色が濃いお飲み物や食べ物、喫煙はお控えください。

銀歯や歯の黄ばみが気になる方は、一度当院までお気軽にご相談ください。03-3661-4705

  • ページの上部に戻る